苦手な同僚は徹底的に観察しよう

職場で同僚とうまくいかず、仕事がスムーズに進まないなんて経験はありませんか。
世間にはいろいろな人がいて、合う合わないがあるのは当然です。
しかしそういった個人的な感情を仕事に持ち込んでしまっては、仕事は進んでいきません。
そこで合わない同僚との付き合い方についてご紹介していきます。
相手に合わせるだけがうまい付き合い方とは言えません。
相手に合わせてばかりでは、舐められてしまう可能性もありますし、仕事面でも損をする可能性もあります。
しかし相手に合わせずに我を通してばかりでは、周りからも嫌煙されてしまいます。
そんな時はまず相手を理解することから始めましょう。
どんな人にも心はあります。
考え方は違えど、喜怒哀楽という感情は誰しも同じなのです。
この人はこうすると喜んで、こうすると嫌がるというポイントを観察しておけば、わざわざ相手を怒らせる必要もありません。
また嫌なことを言われても、この人はこういう人だとあきらめられるでしょう。
それを理解した上で、譲れない点は譲れないとうまく主張していくことで、仕事もスムーズに進んでいくはずです。
これさえできれば同僚との関係なんて悩むことはありません。
ぜひ実践してみてください。